2006年よりwebデザイン、絵画(ペインティング)、イラストレーションの制作をメーンとするクリエイティブ事務所。現在、ペインターの町山耕太郎(Kotaro Machiyama)とイラストレーターのKo. Machiyama(コー マチヤマ)が所属。

loopool is a creative office belong to Ko. Machiyama(illustrator) and Kotaro Machiyama(painter).

町山耕太郎 / Kotaro Machiyama (Painter), コー マチヤマ / Ko. Machiyama (Illustrator)

Portfolio download/ ポートフォリオ ダウンロード
Ko. Machiyama’s portfolio, issue 2015

個展
2010
・セツ・ギャラリー( 東京) その他多数

グループ展
2014
・ASYAAF 2014 (Seoul, Korea)
2011
・第6 回 大黒屋現代アート公募展 (栃木)
2009
・ART&PHOTO BOOK EXHIBITION 新宿眼科画廊(東京)
・「第3 回VAAD ビジュアルアート大賞」受賞展 ビックアイ6F 市民ギャラリー(福島)
・GEISAI#12 ビックサイト(東京)
2008
・roji ART EXHIBITION「壁画展」 rojicafe( 東京) その他多数

仕事
大丸、H Tokyo、Milk X、マガジンハウス、CCCメディアハウス、WWD JAPAN,AFAR(アメリカ)、山越、株式会社アツギ、株式会社誠文堂新光社、文藝春秋、新潮社、世田谷ボランティア協会、幻冬舎、URBAN Magazine(イタリア)、株式会社ひつじインキュベーション・スクエア、講談社、集英社、エミレーツ航空(ドバイ)、東京国立博物館、中央公論新社、bolabo.lab、金剛出版、MUTRON、LG Japan、アメリカンホーム保険、東京海上日動コミュニケーションズ その他多数

受賞歴 / 掲載歴
2015
・ARTslant, the 2nd 2015 Showcase competition(abstract), selected (アメリカ)
2014
・Illustrative Branding掲載 (香港, 中国)
・The 3×3 Illustration Annual No.11, Honorable Mention (アメリカ)
2012
・日本経済新聞朝刊(2012/9/22) しごと図鑑掲載
・フッァションイラストレーション・ファイル2012 掲載
・イラストノートNo.22 特集( 実力派イラストレーター) ページ掲載
2011
・Rooms Magazine Issue 07 掲載(ロンドン)
・フッァションイラストレーションファイル掲載
・CUTTING EDGE ILLUSTRATIONS 掲載(ドイツ)
・札幌ビエンナーレ・プレ企画 2011 プロポーザル国際コンペティション入選
審査員
佐藤友哉(北海道立近代美術館 学芸副館長)
柴田 尚(S-AIR 代表/札幌ビエンナーレ・プレ企画制作プロデューサー)
武邑光裕(札幌市立大学メディアデザイン学部教授/札幌ビエンナーレ・プレ企画副実行委員長)
端 聡(CAI現代芸術研究所代表/札幌ビエンナーレ・プレ企画 芸術監督)
吉崎元章(札幌芸術森美術館 副館長)
・第6回大黒屋現代アート公募展入選
審査員
菅 木志雄(アーティスト)
小山 登美夫(小山登美夫ギャラリー代表)
天野 太郎(横浜美術館主席学芸員)
・「Tokyo TDC 2011」入選ポスターに絵画使用
・「Graphic Design in Japan 2011」入選ポスターに絵画使用
2010
・200 Best Illustrators掲載
2009
・第一回『イラ通』イラストレーション・コンペ入選
審査員
網中いづる(イラストレーター)
木内達朗(イラストレーター)
森 流一郎(イラストレーター)
・「第3回VAADビジュアルアート大賞」阿部真理子賞(審査員賞)受賞
2011-2008
・セツ展入選/マルマン画材賞受賞(2008)

経歴
2011 セツ・モードセミナー研究科卒業。
2004 東京造形大学デザイン学科染専攻卒業。

エージェンシー「BILDINGU」所属
イラストレーターズ通信会員

インタビュー
VERYROLL

アーティストステートメント (painting)
 惹かれた対象に近づきたいという欲求と今とは異なる時間で思考する。

 「格好が良いからああなりたい」「楽しそうだから歌いたい」のと同様に「美しいから描いてみたい」これが一つ目の【惹かれた対象に近づきたいという欲求】となる。
 そして二つ目の【今とは異なる時間で思考する】とは、惹かれた対象である風景を色面化(作品化→色の面に変換)し良いと思える形で平面に定着させる過程と結果に表れる。
 対象から色と構成を抽出し再構成する過程は、見たままのわかりやすい基準から離れ日常とは異なる時間での思考に入る手助けをする。その結果として生まれた作品は「わかりやすさ」より「わかりにくさ」を含んだ物となるが、その「わかりにくさ」を考える事こそが今とは異なる時間での思考を手助けるするものとなる。それは大好きな場所、映画、音楽を聞いてその対象とは別の事(日常の忙しい生活中では考えない様な事)へ考えを巡らす作業に似ているかもしれない。

SOLO EXHIBITION
2010 SETSU GALLERY,Tokyo and more..

GROUP EXHIBITION
2014 ASYAAF 2014, Seoul, Korea
2011 The six time “Daikokuya contemporary art award” ,Tochigi
2009 “ART&PHOTO BOOK EXHIBITION”,Shinjyuku Ganka Garou,Tokyo
“The third time VISUAL ART AWARD BY INTERNATIONAL ART & DESIGN COLLEGE”
Winning exhibition,[Bikkuai] 6F citizens gallery,Hukusima
2008 “roji ART EXHIBITION「hekigaten」”, rojicafe,Tokyo and more..

PRIZE/SELECTED
2015
ARTslant, the 2nd 2015 Showcase competition(abstract), selected(USA)
2014
Illustrative Branding (Hong Kong, China)
The 3×3 Illustration Annual No.11, Honorable Mention(USA)
2012
NIKKEI newspaper (Japan)
Fashion illustration FILE 2012 (Japan)
ILLUST NOTE No.22(Japan)
2011
Rooms Magazine Issue 07(London)
Fashion illustration FILE 2011 (Japan)
Cutting edge illustration (Germany)
Sapporo Pre-Biennale Contemporary Art Exhibition 2011 International Art-Proposal Competition selected
The six time “Daikokuya contemporary art award” selected
Tokyo TDC 2011 selected poster used my illustration
Graphic Design in Japan 2011 selected poster used my illustration
2010
200 Best Illustrators (Austria)
SETU exhibition selected
2009
“IRATU” Illustration competition selected
The third time “VISUAL ART AWARD BY INTERNATIONAL ART & DESIGN COLLEGE” Mariko Abe award winning
2008
SETU exhibition winning a award Malman painting materials award winning

Career
2011 Setu・Mode Seminar graduation.
2004 Tokyo Zokei University of Art and design subject dye major graduation

belongs to “BUILDING” and “Professional illusrators Group ILLUSTRATORS TSUSHIN

Client
Daimaru, H Tokyo, Milk X, Magazine House,Ltd., CCC Media House Co.,Ltd., WWD JAPAN, AFAR, Yamakoshi group, ATSUGI Co.,Ltd, Seibundo Shinkosha Co.,Ltd., Bungeishunju Ltd., SHINCHOSHA, Setagaya Voluntee Association, GENTOSHA INC.,URBAN, Hituji Incubation Sauare inc., KODANSHA, Shueisha inc.,Emirates, Tokyo National Museum,Chuokoron-Shinsha.inc., bolabo.lab, Kongo Shuppan, MUTRON, Suntory, LG Japan,American Home Direct, EDUCA&QUEST, Tokio Marine & Nichido Communications Co.,Ltd.
and more..

Artist’s Statement (painting)
…Combining the desire to get closer to an object that I am attracted to and thinking about it in a time other than the present…

“I want to draw it, because it is beautiful” is same as “I want to be like that, because it looks cool” or “I want to sing, because it seems fun.” This is the first condition of “the desire to get closer to an object that I am attracted to.”

The second condition, “thinking about it in a time frame other than the present,” is the process and result of a creation derived from an attractive object and the capturing of it on a flat surface. The process of composition, extraction of colors, and the reconstruction of them helps one to detach from the obvious standards of everyday life and start thinking in a time that is out of the ordinary. The result is a creation that includes more “confusion” than “comprehensibility,” keeping in mind that “confusion” helps one think in a time frame not of the present. In our busy, everyday lives, we often can’t think this way, but it’s like how you are transported when you think about a favorite place, movie, or music – I believe this artistic process is similar.